デンソーのプラズマクラスターの価格はいくら?効果や口コミを紹介!

 

 

デンソーのプラズマクラスターの価格はいくらでしょうか?

 

 

ここでは車載用プラズマクラスターの価格が分かります。

 

 

他にも効果、口コミ、掃除、他社との違いを紹介しています。

 

 

これで車内の臭いやウィルスともおさらばです!

 

 

デンソーのプラズマクラスターの価格はいくら?

 

デンソーのプラズマクラスターの価格は税込11,950円です。

 

 

送料は無料となっています。

 

 

色はブラックとホワイトから選べます。

 

 

車内はブラックが基調となっているので

合わせた色が1番落ち着きますね。

 

 

サイズ

 

形は大きめのコップのような形状をしており

上部の直径が74㎜、下部の直径が65㎜、

高さは162㎜あります。

 

 

車内で使用した場合の効果はどの程度なのか?

 

デンソーのプラズマクラスターの最大の売りは

マイナスイオンが発生することです。

 

 

イオンは運転中のストレスを下げる効果と

集中度を上げる効果があります。

 

 

運転中はさまざまな情報が入ってきて

脳内の疲労が多く、イライラしがちになります。

 

 

そのような状態だと判断力が落ちるので

事故の発生率が高くなります。

 

 

驚異の消臭力

 

車内にはいろんな臭いが混在します。

 

 

カビ、汗、体臭、食べ物、タバコ、ペットなど

本人は気付いていなくても同乗者が乗った場合、

臭いは気になるものです。

 

 

前回のモデル「プラズマクラスター25000」よりも

消臭スピードは2倍ほどになったデータがあります。

 

 

浮遊カビ菌を除去

 

車内にはエアコンの吹き出し口から

フィルターに付いた「カビ」が舞い散っています。

 

 

(財)石川県予防医学協会さんが証明してくれてます。

 

 

約8畳ほどの部屋にプラズマクラスターイオンを出し、

浮遊カビ菌を測定したところ、

約83分で99%カビを除去してます。

 

 

浮遊ウイルスの作用抑制

 

ベトナムにあるパスツール研究所で証明してます。

 

 

約6畳の部屋にウイルスを浮遊させ、

プラズマクラスターイオンを出します。

 

 

その後、試験部屋内のウイルスを回収し、

空気中のウイルス除去率を測定したところ、

浮遊したウイルスの99%を約66分で抑制してます。

 

 

外気と隣合わせの環境なので

ドアの開けしめを繰り返せばウイルスの

侵入がありますし、都度手洗いが出来ません。

 

 

お肌にツヤを与える

 

㈱総合医学研究所さんが実験で証明してくれてます。

 

 

気温28℃、湿度40%、約6畳ほどの部屋の中に

被験者13名(33~61才女性)のこめかみ部分の

肌の水分量を測定する実験です。

 

 

イオンを発生させながら1時間以上経つと

肌の水分量は増加した効果を確認しています。

 

 

イオン発生は加湿とは違い、実感は出来ませんが

確かな効果はあるようです。

 

 

静電気を抑制

 

シャープ㈱さんが調べてくれてました。

 

 

約10畳の部屋で、5kボルトに帯電させた

金属製検知板にプラズマクラスターイオンを当て、

 

 

0.5kボルトまで除電するのにかかった時間が

約2.5分です。

 

 

かなり静電気には効果が早いですね。

 

 

プラズマクラスター利用者の口コミを紹介

 

実際に購入した人の評価を見て見ましょう。

 

その①

消臭効果を期待していました。
確かに消臭能力はあります。

但し、大きさが足りないのか
空気洗浄能力、脱臭能力も価格を考えると
物足りない。

これなら3000円程度のオゾンを発生させる
イノナイザーで十分で消臭能力はむしろ上。
芳香剤の臭いさえも消し去る。

小型軽量だし、配線をアクセサリー辺りにかませるか
電源をヒューズから取れば好きな所に配置出来て
目立たなくて、カップホルダーを使用しなくても済む。

値段と効果がつりあっていないです。

 

小型ゆえにパワーを感じていないですね。

 

 

電源の取り方によってはどこにでも置けるので

カップホルダーを塞ぐ心配はありません。

 

 

その②

【使いやすさ】
USBの電源もついて、シガーソケットだけじゃないのが良い。
スイッチも一つで使いやすい。

【清浄能力】
水洗いもできるので、汚れたら洗浄できる。

【脱臭能力】
車の匂いが気にならなくなった。

【静音性】
エンジンをかけてしまえば、特に気にならない。エンジンがかかってないと、ジージー言ってるのが分かる。

【デザイン】
ボトルホルダーに入るし、クールでスマートでかっこいいと思う。

【総評】
車の匂いが気になっていたため、それが解消できてよかった。シャープ製とデンソー製とがあるが安かったので、デンソー製を購入した。

 

シャープ製も売ってますがデンソー製のほうが

性能も変わらず安いようですね。

 

 

その③

車の買い替えと合わせて、旧型から買い替えました。
USB接続にもなり、ボタンも大きくて使いやすくなり、デザインはさらによくなりました。
ターボモードが旧型よりも若干うるさくなったように感じましたが、正確に計測したわけではありません。
ただし、ターボモードOFFと比べると、やはり音の大きさの違いがよく分かるほど音は大きくなります。
簡易フィルターも着いていますが、そこに機能性を求めているわけではありませんので、評価しません。
常にスイッチは入れっぱなしなので、スイッチを切っているときとの脱臭性能の比較はしていませんが、車の中が臭いと感じることはありませんので、きっと脱臭性能のおかげだということにします。
全体的には満足しています。

 

以前から使ってる人は音の大きさが気になるようです。

 

 

運転モードが複数あるので、ターボモードを使用せず

24時間稼働にすれば長持ちします。

 

 

その④

色々な自動車電装品を手がけるデンソー製品ですので、品質は間違いないかと。

デザインもシンプルでかっこよく、車内の雰囲気にマッチしていて満足です。

花粉症なのですが、車内での症状がわずかに改善されました。運転中に鼻水等が気になると危ないので、それだけでも購入してよかったかと思います。

匂いはそれほど効果を感じれませんでしたが、芳香剤を使用しているのが問題なのかな?と思います。

いい買い物だったので、友人の誕生日等にプレゼントとして送ると喜ばれます。(欲しいけど、なくても大丈夫だしな~と思ってる方が多いみたいです。)

 

花粉にも効果があるようです。

 

 

ただ芳香剤の臭いも吸収していまいますが

車内は臭いがない無臭状態が当たりさわりないですよ。

 

 

贈り物としても良いですね。

 

 

その⑤

【使いやすさ】
ボタン1つで全て操作するのは良いですね。
本製品はシャープでのOEM製品ですが、ネットで調べてみましたが、USB接続が出来ると言うのも購入の大きな要因でした。

【清浄能力】
まだ2日目ですが何となく空気がキレイな気がします。

【脱臭能力】
確かにすえた臭いが消えました。

【静音性】
ターボにすると多少音が聞こえますが、そんなに気になるホドではありません。

【デザイン】
シンプルでオシャレです。でもホントは室内のアクセントで赤(バーニングレッドみたいな)が有れば良かったのですが…
黒は指紋やキズが目立ちますね。

【総評】
誕生日プレゼントで貰いましたが、つい最近急にプラズマクラスターが気になり本サイトやみんカラさんの先人の方々のレビューを参考にさせて頂きました。
今迄は芳香剤で臭いを誤魔化していましたが、これからはこれだけで充分かもですね。
因みにコードは付属の物が長過ぎたので、100均で購入したものに交換しました。細やかなワンポイントです。(笑)

 

デンソー製でないとUSB接続出来ないのですね。

 

 

コードは1.5メートルあるので

余った配線処理をうまくクリアしてます。

 

 

掃除や定期メンテナンスはどうやったらよい?

 

製品の裏にメンテナンス方法が載っています。

 

 

記載内容

イオン濃度を維持するために

定期的に(1ヶ月に1回)

フィルターの清掃が必要です。

約17,500時間で

(1日24時間運転した場合 約2年)

(1日8時間運転した場合 約6年)

ユニット交換ランプが(橙)が点滅し、

プラズマクラスターイオン発生ユニットの

交換時期をお知らせします。

交換せずに運転し続けた場合、

約19,000時間(約2年2ヶ月)で

全ての運転が停止します。

 

 

24時間フル稼働させることはないですから

5年くらいはちゃんと手入れをしておれば

フィルターの交換は不要ということです。

 

 

フィルターのお手入れ方法

 

まず本体下部にあるツメを押しながら

フィルターカバーを外します。

 

 

フィルターカバー側にフィルターが2枚

付いているので取り外します。

 

 

フィルターの汚れを掃除機などで掃除します。

 

 

汚れがひどければ水洗いでも構いませんが

しっかり乾燥させてから取り付けましょう。

 

 

フィルターの掃除ができたら、

フィルターカバーに2枚とも取り付け

カバーを本体に取り付けます。

 

 

本体に取り付けるとき、USBケーブルを

挟まないよう気をつけましょう。

 

 

本体のお手入れ方法

 

まずフィルターカバーを外します。

 

 

次に本体に付いたUSBケーブルを抜きます。

 

 

そうすると本体カバーが外れるようになります。

 

 

この時、指を挟まないよう気をつけましょう。

 

 

カバーを外すとユニットと専用ブラシが外せます。

 

 

専用ブラシで本体周辺のホコリや汚れを

取り除いてください。

 

 

この時、電極や接続端子に直接手で触れないよう

注意しましょう。

 

 

基本、専用ブラシのみしか使えません。

 

 

掃除が終わったらユニットと専用ブラシを

元の位置に戻し、本体カバーを取り付け、

USBケーブルを差し込んだら終了です。

 

 

使用頻度によってけっこう汚れが

溜まっている時があるので、

 

 

車内を汚さないよう自宅に持ち帰って

メンテナンスすることをオススメします。

 

 

デンソーのプラズマクラスターの他製品との違いは何?

 

シャープのOEMとして販売されている

デンソーのプラズマクラスターですが

違いが数点あります。

 

 

 

 

USB接続が可能

 

1番喜ばれている部分ですね。

 

 

車内にとどまらず、トイレやデスクワーク周辺にも置け、

スリムなので場所もそんなに取りません。

 

 

本体が軽く、プラスチック製なので

転倒したとき、本体が割れる恐れがあります。

 

 

ボタンの数が減っている

 

シャープ製よりも操作ボタンが少ないです。

 

 

デザインがスッキリした印象です。

 

 

ボタンが少なくなったとは言え、

操作性には問題ありません。

 

 

価格が安い

 

デンソー製が税込11,950円に対し

シャープ製は税込13,650円と若干高いです。

 

 

性能が同じであれば安いほうがいいですし

デンソーも日本が誇る立派なブランドです。

 

 

まとめ

 

デンソーのプラズマクラスター

デンソープラズマクラスターの価格は税込11,950円

1番の効果はマイナスイオンの発生

消臭・カビの除去・ウイルス抑制・肌にツヤ・静電気を防ぐ

1ヶ月に1回のペースでメンテナンスが必要

シャープ製との違いはUSB接続・ボタンの数・安さ

 

 

冬はウイルスがありますし暖かくなると花粉もあります。

 

 

プラズマクラスターは年中頼りになる存在ですね。

 

 

あると便利だが買うまでもないという知人に

プレゼントするのも良いでしょう。

 

 

まだまだ進化していきそうですから

今後のプラズマクラスター事情に期待です。

 

 

 

価格・交換・口コミなどの情報はこちら!

↓       ↓       ↓

デンソー 車載用プラズマクラスターイオン発生機 PCDND-B 最高濃度 NEXT(50000) カップ型 車内消臭 ブラック 261300-0010